トップページ| コレクション| 言語の切り替え

現在場所: トップページ > 観光スポット > 本文

兜率鍾乳洞
発表日付:2013-03-28  クリック:3813

 

兜率鍾乳洞景色

   兜率島は東江湖の最大の島で、まるで巨大なライオンが水面に腹ばいになっているように見える。兜率島には最も珍しいものは、カルスト地形の石灰炎鍾乳洞、今まで270万年以上の歴史があって、兜率島南端にある絶壁下の坊舎の後ろに位置し、その高さ、大きさ、深さ、広さ、珍しさで有名になった。その神話の物語は広く伝えられている。鍾乳洞の深さは約5000メータル、最も広いところは約70メータル、高さ40メータル、穴の中にさらに穴がある。人々はその形、その意味、或いはその伝説で穴を名づけた。この穴は深い邃密、紆余曲折、冬は暖かく、夏は涼しく、鐘乳洞の中に逆さまにぶら下がり、異形の鍾乳石は、きらきらと透明で、人々はまるで夢の世界にいる。国内ではまさに珍しいものに言える。


 「世の中の穴は類似で、この穴だけは異なる」。1993年アメリカの洞窟専門家ロッテ・ケンが視察後、「ほかの穴にあるものはここにもあるが、他の穴にないものはここにもある。これはだれも見に値する世界でも稀な特大鍾乳洞」で、「大自然の謎」と誉めた。穴の中の石柱は高くて、最も高いものは36メータル、世界第一とも言える。宋時代の謝岩氏が「兜率霊岩記」を書き、「天下名山記」に収録された後、遊覧客は次から次へと訪れるようになった。穴の前には山に寄りかかる古刹があって、兜率庵と名づけられ、木構造である。考察によると、この庵は清乾隆帝51年(1786)年に建設され、お釈迦様、観世音、無量寿佛、十八羅漢を祭っていた。乾隆帝56年、七姑像、九贤像が加えられ、道光帝13年、聖母像を祭るようになった。また、光绪2年には、仏像や庵を建て直した。古来から、この島、この穴、そしてこの庵は人々に憧れ、多くの先人や詩人が山を登って詩を詠んだ。次の詩はしるしとして挙げられる。「岩の外で何もなくて、穴の内で別の光景がある、わけもなく万象を並べ、勝手で千年を疲れさせて、幽霊の斧で纓絡を修理して、神業で碗蜒を鋳造して、当地に俺様が来て、照り返しも名残りを惜しむ。」兜率洞は雄大且つ壮観だけなく、礼拝するの聖地でもある。兜率岩洞仏堂の右側に泉があって、「金鴨泉」と呼ばれる。これについてある説がある。以前、若い夫婦が子供が欲しくてここに来て神様に願った。この金鴨泉のそばに来ると、二つの金鴨が水から浮き上がった。婦人がびっくりして、手を出して金鴨を撫でると、温かいものが体に入ったように感じた。しばらくにして、婦人が妊娠し、子供が生まれた。その後、子供の為に山を登って神様を願いする信者がひっきりなしに続く。解放の前、ここには仏堂があって、坊主と尼僧もいった。解放の後、仏堂が壊されて、坊主と尼僧が放り出された。しかし、この兜率岩に対する伝説が今も伝えられている。80年代から、政府は代金を配置し、庵舎、築山門、建亭閣を修復し、遊覧道路を造り、ライトを設け、湘南の名所になった。

Back to top