トップページ| コレクション| 言語の切り替え

現在場所: トップページ > 観光スポット > 本文

湘南植物園
発表日付:2013-04-28  クリック:2257

 湘南植物園は東江湾遊覧地の中に位置し、有名な東江湖、寿佛寺に隣接し、植物の優良品種の導入、且つ現地環境をなれるようにすることを主とし、科学の普及教育を兼ねて、生態旅行を一体にした総合的な植物園である。
  
 湘南植物園の総企画面積は267ヘクタール、核心区域は37ヘクタールの用地を占め、木蘭園、バラ園、樟楠園、稀少絶滅植物園、裸子植物園が配置されている。核心区域は寿佛文化旅行区と直接繋がり、寿佛文化の内包の延長の一つである。湘南植物園の建設は寿佛文化旅行区の全体建設をさらに改善させた。

 

 植物園の総投資は3422.86万元、その内、遊覧地建設への投資は2489.96万元。第一期工事では核心区域の建設への投資は1342.08万元と必要される。現在では、核心区域538ムーは土木工事100余り万元の投資を完成させた。樹木の栽培・緑化、優良品種の導入、植え付け、管理等への投資は300余り万元(その内、桜園、サルスベリ園、ツバキ園等には100余りの品種があり、2万余り本、大樹の栽培は40余り品種、380余り本)。3000余りメートルのインフラ施設が観光者通路として全面的に建設され、灌漑システムと降圧工事は全面的に竣工した。水は観光者通路の最高点まで引かれ、水のパイプは各園区まで敷かれた。現在、蘭園、菊園、マイカイ園、イチイ園、相思園等五つの園区と遊覧通路にある四角亭と六角亭などの関連工事の建設は企画・設計されている。

Back to top