トップページ| コレクション| 言語の切り替え

現在場所: トップページ > 観光スポット > 本文

東江湾
発表日付:2013-04-28  クリック:3318

東江湾

東江湾に快い

東江湖にうっとりする

このところの水と土はここの人を育てる


  湖南省資興市東江湾地区は、東には小東江水力発電所から、西には鯉江水力発電所から、北には蓮花路、S213を繋ぎ、南に迎賓路、郴桂路まで、計画総用地575.61キロヘクタール。今年の夏以来、寿佛寺、湘南植物園、湘南農耕文化博物館、風情バー通りなどのプロジェクトが次々と建設中又は建設され、東江湾の一つまたもう一つ綺麗な景色になっている。これは資興市が郴州市の西城建設を積極的に応え、東江湾新しい都市作りに力を入れた結果である。
   
  東江湾を生態、娯楽、ビジネス、生活しやすい新しい都市に作り上げ、資興市のもっとも素晴らしい都市の『応接間』と『旅行看板』になるため、当市は500余り万元を投資し、雇った専門の会社に東江湾コントロール性計画、東江の二つの岸を沿って、近期建設計画など五つの企画を提案させ、東江湾の近い内、将来の建設目標を提出させ、四橋三環二極という新しい枠組みが形成された。つまり、東江湾大橋を作り直し、鯉江大橋、東江大橋、涼樹湾大橋とともに二つの岸を結ぶ四つの橋になる。北岸の蓮花路、東岸の大興路、南岸のS322都市部、沿江路などを建設、完璧させ、水面を取り囲む三つの交通環状になる。そして、生活住宅をメインとする都市生活と旅行開発をメインとする都市旅行の建設を進める。当市は措置を講じ、資興市の窒素肥料工場、資興市セメント工場と徳興市セメント工場という三つの汚染企業を取り壊し、廃業した。また、創興人工板公司を北の工業区に移転させ、旅行と第三産業の開発に重点を置いた。前後2.3億元を投資し、寿佛寺、東江文化広場、水上体育センター、東江遊覧ボート、風情バー通りなどのプロジェクトは次々と起工し、旅行開発を主にした都市になった。また、2.27億元を投資し、蓮花路などのインフラ建設を進めた。
  
  当市は外資誘致によって外資7.63億元を集め、次第に依波茵公園、東江新天地、碧水雲轩など高級の住宅コミュニティーを建設し、鯉江都市部と水電八局の東江基地の老朽化建物の改造作業を加速させ、生活住宅をメインとする都市生活の開発に力を入れた。

Back to top